記事一覧

「雷」の語源・由来

ピカッと光ってゴロゴロ鳴る「雷」は、大和言葉では主に「かみなり」または「いなずま」と読む。その他、「いかずち」「らい」などの読み方がある。

[続きを読む]

「うがい」の語源・由来

「うがい」とは、口の中をきれいにするために、水などを口に含んですすいで吐き出すことである。うがいは風邪の予防に有効とされている。

[続きを読む]

「てこずる」の語源・由来

「てこずる」とは、もてあます、手にあまる、処理に困る、などの意味である。漢字では「梃子摺る」や「手子摺る」と書く。

[続きを読む]

「もしもし」の語源・由来

電話に出る時、最初に「もしもし」と言うのが一般的である。当たり前のように使っている言葉だが、「もしもし」には電話の歴史が関係している。

[続きを読む]

人はボタンを見ると押す理由

人間はボタンを見ると押すものだと思い、手や指で押してしまう。日常生活の中では、エレベーターのボタンや信号機の歩行者用の押しボタンなどがある。

[続きを読む]

ラジオ体操に第1と第2がある理由

ラジオ体操とは、国民の体力向上と健康の保持や増進を目的とした体操であり、戦前の1928年(昭和3年)に始まった。

[続きを読む]

「ホラ」「ガセ」「デマ」の意味・語源

「嘘(うそ)」とは、事実ではないこと、人を騙すために言う事実とは異なる言葉という意味であり、「ホラ」「ガセ」「デマ」という言葉も用いられる。

[続きを読む]

「餅」と「団子」の違いとは

日本には「大福餅」や「柏餅」などの「餅」、「みたらし団子」や「花見団子」などの「団子」と呼ばれるモチモチした食べ物がある。

[続きを読む]

「すだち」と「かぼす」の違い

焼いたサンマの脇に大根おろしとともに添えられる緑色の柑橘類。これが「すだち」や「かぼす」である。

[続きを読む]

「おにぎり」と「おむすび」の違い

「おにぎり」(御握り)は、ご飯を三角形・俵形・球状などの形に握った食べ物である。通常は手のひらに載る大きさに作る。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加