「生活・科学」記事一覧

ヨガは痩せるためのものではない

世の美しい女性たちがこぞって実践している「ヨガ」だが、ダイエット目的でヨガを取り入れる人も多い。しかし、ヨガは痩せるためのものではない。

[続きを読む]

剥がれにくい絆創膏の貼り方

指先に貼る絆創膏はシワが寄ったり、指先からポロッと抜け落ちてしまう事がある。そんな時、ハサミを使う事で絆創膏を剥がれにくくする技がある。

[続きを読む]

「縫い目なしニット」が宇宙服に採用された理由

ユニクロや世界の高級ブランド、さらに宇宙服まで支える技術が和歌山県和歌山市にある。それは立体的に縫い目のないニットを作る株式会社島精機製作所の機械である。

[続きを読む]

子どもの苦手な野菜が美味しいのは老化

ピーマンやニンジン、ゴーヤ、パセリ、ミョウガなど、子どもの頃に苦手だった野菜が大人になって食べられるようになった経験はないだろうか。

[続きを読む]

視力検査で1.0でも実質0.4の恐れがある

普通自動車運転免許の受験資格には視力が両眼で0.7以上の条件があるが、ドライバーの4人に1人は視力0.7に達していないという研究データもある。

[続きを読む]

花粉の計測方法と飛散量が多い日

花粉症に悩む人は4人に1人とも言われ、今や国民病とも言える状態である。花粉症シーズンには毎日のようにニュースでも花粉予想が発表されている。

[続きを読む]

けん玉で集中力がアップする技は「うさぎとかめ」

けん玉は日本に古くからある遊びだが、今驚きの進化を遂げ世界中で大ブームとなっている。アクロバティックな技・超難度な技など、その数は3万種類以上にもなる。

[続きを読む]

地図を読めない女性は「女性脳」が原因ではない

男女による脳の作りの違いで、その性格や行動を分析する書籍が数多く存在する中、女性は地図を読めないとよく言われる。

[続きを読む]

犯罪の動機が「カッとなって」だらけの理由

ニュースでよく聞く容疑者の供述に「カッとなってやってしまった」という言葉がある。容疑者も違うし犯行動機は人それぞれのはずだが、どうして「カッとなってやった」が多いのか。

[続きを読む]

「山田」が書類の記入例に最適な理由

「山田太郎」の「山田」と言えば、役所での書類や履歴書、パスポート、クレジットカードの申込み用紙など、様々な記入例でよく見かける名字である。

[続きを読む]

頼みごとは相手の右耳へ話しかける方がいい

大切な相手とのデートや仕事の話、友人との相談などで、頼みごとをする時、成功率が上がる秘策がある。それが右耳に話しかける方法である。

[続きを読む]

人気宿が満室でもまだ泊まれるテクニック

旅行に行く際に宿泊サイトで宿を探しても、どこも満室になっている場合がある。旅行シーズンだと宿を取るだけで一苦労する。

[続きを読む]

本のページ数は16の倍数になっている

多くの書籍のページ数には共通点があり、表紙と裏表紙を除いたページ数は16の倍数になっている。これには製本上、とても理にかなった理屈がある。

[続きを読む]

ガムを噛むだけでダイエット効果がアップする

運動中にガムを食べるとダイエット効果がアップする。ガムを噛むと体には意外な変化が起きる。

[続きを読む]

ミス・ユニバースはあえて「安い化粧水」を使う

ミス・ユニバースとは、世界を代表するミス・コンテストで、世界80ヵ国以上の代表が世界一の美女の栄冠を競い合う祭典である。

[続きを読む]

もともとBMIは金儲けのための適当な数値だった

BMI(Body Mass Index:ボディマス指数)とは、身長と体重から算出される肥満度を表す体格指数で、現在では世界中で使われている。

[続きを読む]

大丸東京店に地下2階が存在しない理由

東京駅に隣接する大丸東京店は地下1階が食品売り場、地下3階が東京駅八重洲パーキング駐車場になっているが、地下2階の案内表示はない。

[続きを読む]

街の治安レベルはコンビニの本棚で分かる

引っ越しをする時、周りのお店や交番などの施設はチェックするかもしれないが、コンビニの本棚まではなかなか目がいかない。

[続きを読む]

10秒間のダッシュで空腹感は消える

ダイエットの天敵である間食と闘う人に朗報である。たった10秒間その場でダッシュするだけで空腹感は消える。

[続きを読む]

電車のつり革でできる肩こり予防法

30~40代の働き盛りの女性の約7割が慢性的な肩こりに悩んでいるという。そんな肩こりを電車のつり革で予防する方法がある。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加