記事一覧

「尾頭付き」の意味・由来

「尾頭付き(おかしらつき)」とは、「尾と頭の付いたままの魚」を意味し、特に鯛(タイ)の尾頭付きの焼き物は祝いの席で好まれる。

[続きを読む]

キリンの角は何本あるか

キリンは、キリン科キリン属に分類される動物で、長い首や足が特徴である。漢字では「麒麟」と書き、英語では「giraffe」となる。

[続きを読む]

「金石の交わり」の意味・由来

「金石の交わり(きんせきのまじわり)」とは、「かたく結ばれた友情や交わり、いつまでも変わらない関係」を意味する言葉である。

[続きを読む]

年を取ると耳が遠くなる理由

年齢を重ねると耳が遠くなると言われるが、一般的に加齢により高い周波数の音から聞こえにくくなるという特徴がある。

[続きを読む]

「ほうれん草」の名前の由来

「ほうれん草(ホウレンソウ)」は、ヒユ科アカザ亜科ホウレンソウ属の野菜。ビタミンAや葉酸が豊富で、栄養価の高い冬野菜として知られる。

[続きを読む]

ニュー新橋ビルに金券ショップが多い理由

東京の新橋駅前にそびえ立つ「ニュー新橋ビル」は、1971年(昭和46年)に建てられた歴史あるビルである。

[続きを読む]

「しかと」の意味・由来

「しかと」とは、「無視すること、仲間外れにすること」という意味の言葉である。「しかとする」という形で使われることが多い。

[続きを読む]

「埒が明かない」の意味・由来

「埒が明かない(らちがあかない)」とは、「物事が解決しない、事態が進展しない、決着がつかない」という意味の言葉である。

[続きを読む]

「魚肉ソーセージ」が普及した理由

「魚肉ソーセージ」は、スケトウダラやマグロなどの魚肉を主原料としたソーセージであり、「フィッシュソーセージ」とも呼ばれる。

[続きを読む]

「鳩サブレー」の形と名前の由来

神奈川県・鎌倉を代表する銘菓「鳩サブレー」は、鳩の形とともにバターの風味とサクサクとした食感が特徴である。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加