記事一覧

「一ツ橋」の地名の由来

東京都千代田区にある「一ツ橋(ひとつばし)」は江戸城(現:皇居)の北に位置する。西は清水濠、南は平川濠・大手濠に接する。

[続きを読む]

「ガリ」の名前の由来

「ガリ」とは、甘酢ショウガのことであり、生姜(ショウガ)を薄く切って甘酢に漬けたものである。握り寿司などの添え物として知られる。

[続きを読む]

イタリア料理にトマトが欠かせない理由

トマトソースのパスタやピッツァなど美味しいイタリア料理にはトマトが欠かせない。イタリアでトマトが食べられるようになった一説について確認してみる。

[続きを読む]

ミモレットチーズを日本に広めた出来事

近年、スーパーなどでも見かけるようになった「ミモレットチーズ」は、フランスまたはオランダが原産とされるハードタイプのチーズである。

[続きを読む]

タッチパネルが反応する仕組み

スマートフォンなどに採用されているタッチパネルは、少し触っただけで反応する。その仕組みを簡単に確認してみる。

[続きを読む]

中国の国鳥が決まっていない理由

日本の国鳥(こくちょう)はキジ(雉)であり、他の多くの国でも国鳥が決められている。そんな中で中国は国鳥が正式に決まっていない。

[続きを読む]

「羽根つき餃子」誕生のきっかけ

今ではすっかり定番となった「羽根つき餃子」は、餃子の聖地とも言われる東京都大田区蒲田で生まれたとされる。

[続きを読む]

洗濯物の生乾きのニオイの原因

洗濯物を部屋の中で干した時などに生乾きになると、独特の嫌なニオイがする。部屋干しによるニオイは、梅雨の季節の悩みの一つでもある。

[続きを読む]

ノーベル賞をセロハンテープと鉛筆で受賞

ノーベル賞はその歴史と伝統などから世界的に権威が高い賞とされる。そのノーベル賞をセロハンテープと鉛筆だけで受賞した人がいる。

[続きを読む]

「うなぎパイ」と「浜松餃子」の関係

「うなぎパイ」は、静岡県浜松市中区に本社を置く春華堂(しゅんかどう)が製造・販売するお菓子であり、浜松の名産品として全国で広く知られる。

[続きを読む]

チョウザメはサメの仲間ではない

キャビア(caviar)の原料として漁獲される「チョウザメ」(蝶鮫・鱘魚:sturgeon)は、名前に「サメ」(鮫)と付くがサメの仲間ではない。

[続きを読む]

年を重ねると涙もろくなる理由

その人の性格など個人差はあるが、一般的に人は若い時に比べて年を重ねるほど感動しやすく、涙もろくなる傾向にある。

[続きを読む]

QRコード開発のきっかけは囲碁

二次元バーコードの「QRコード」は、キャッシュレス決済の普及により街中のいたるところで見かけるようになった。

[続きを読む]

「鶴の一声」の意味・由来

「鶴の一声(つるのひとこえ)」は、職場の会議などで意見の対立が起きた時に、結論をあっさりと下す有力者・権威者の一言を意味する。

[続きを読む]

「地面」は「ぢめん」ではなく「じめん」

「地」の読み方は「ち」だが「地面」は「じめん」となる。一方、「血」の読み方も「ち」だが「鼻血」は「はなぢ」となる。

[続きを読む]

北海道の流氷はどこから流れてくるか

「流氷(drift ice)」は北海道の冬の風物詩でもある。日本では北海道の北東に位置するオホーツク海の流氷が有名だが、この流氷はどこから流れてくるのか。

[続きを読む]

女の子向けチョコ「ビックリコ」

ロッテのチョコレート菓子「ビックリマン」は、1977年(昭和52年)に発売された大ヒット商品である。全盛期には年間約4億個を売り上げたという。

[続きを読む]

道路標識の距離は役所の玄関までの距離

一般道路には目的地や目的地までの距離が書かれた青色の「道路標識」があるが、この道路標識は「確認案内標識」と呼ばれる。

[続きを読む]

「柿の種」の形と名前の由来

「柿の種」といえば細長い三日月形が特徴的である。その「柿の種」の形と名前の由来についての逸話である。

[続きを読む]

「はっけよい のこった」の意味・由来

「はっけよい のこった」とは、相撲の行司が土俵の上で動きの止まった両力士に掛ける掛け声である。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加