記事一覧

「道しるべ」の意味・由来

「道しるべ」とは、「道の行き先や方向、目的地までの距離などを示す標識のこと」であり、「道案内、案内者、手引き」などを意味する言葉である。

[続きを読む]

緑色の信号を青信号と呼ぶ理由

道路の交差点にある信号機の色には「緑・黄・赤」の3色が用いられている。しかし、日本では「緑色の信号」を「青信号」と呼ぶ。

[続きを読む]

「釘を刺す」の意味・由来

「釘を刺す(くぎをさす)」とは、「後で言い逃れが出来ない様に、または間違いが起きない様に、あらかじめ念を押す」という意味の言葉である。

[続きを読む]

「18金」の「18」とは何か

「金」には「18金」や「24金」などがあり、これらの数字は金の含有量を表している。それは金の「純度」または「品位」と呼ばれるものである。

[続きを読む]

「もんじゃ焼き」の名前の由来

「もんじゃ焼き」は、小麦粉を水でゆるく溶いて、キャベツなどの具材を混ぜて鉄板で焼いた食べ物で、東京・月島の名物料理となっている。

[続きを読む]

「虫歯」の「虫」とは何か

一般的には「虫歯」と呼ばれるが、歯学では正式に「齲歯(うし)」と呼ばれ、歯の硬い組織が、口の中の細菌の作用により破壊される状態を意味する。

[続きを読む]

「モテる」の意味・由来

「モテる」とは、「人気があって、ちやほやされる」などの意味があり、「女性にモテる男性」のような使われ方がされる。

[続きを読む]

スイカに黒い縞模様がある理由

スイカは、ウリ科のつる性一年草で、現在では果実を食用にするために広く栽培されている。漢字では「西瓜」、英語では「watermelon」である。

[続きを読む]

「五十歩百歩」の意味・由来

「五十歩百歩(ごじっぽひゃっぽ)」は、少しの違いはあっても、本質的には同じであることの例えとして使われる言葉である。

[続きを読む]

最も古い自動販売機とは何か

飲み物の自動販売機を中心として、現在では世界中に数多くの自販機が存在する。最も古い自動販売機では何を販売していたのか。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加