記事一覧

横浜赤レンガ倉庫に存在する謎の4階

「横浜赤レンガ倉庫」は神奈川県横浜市中区にある歴史的な建造物で、現在は文化・商業の観光施設となっている。

[続きを読む]

商品名を表す登録商標と一般商品名

「セロテープ」や「ボンド」「マジック」「フラフープ」「オセロ」など、何気なく言っている物の呼び方が実は商品名だという場合は意外と多い。

[続きを読む]

「唐揚げ専門店」が出店する場所の特徴

最近ではコロナ禍のテイクアウト需要もあり、全国的に「唐揚げ専門店」が大幅に増加した。その出店場所にはある特徴がある。

[続きを読む]

マスクはもともと「黒色」だった

ウイルスや花粉から身を守るために欠かせないマスクは、近年「黒色」など様々な色のマスクが登場している。

[続きを読む]

「食べられる緩衝材」ポップコーン

高知県高知市の食品卸売会社「あぜち食品」では、「食べられる緩衝材(かんしょうざい)」としてポップコーンを製造・販売している。

[続きを読む]

ハゲタカがハゲている理由

アフリカやアメリカなどにいる「ハゲタカ(禿鷹)」は、体は毛で覆われてフサフサしているが、なぜか頭だけ毛がなくツルツルしている。

[続きを読む]

トイレットペーパーにシングルとダブルがある理由

「トイレットペーパー(toilet paper)」には紙を重ねない一枚の「シングル巻き」と二枚を重ねる「ダブル巻き」の主に二種類がある。

[続きを読む]

FUJIYAMAで販売されていたもの

「FUJIYAMA(フジヤマ)」は、富士急ハイランドにある大型ローラーコースターの一つで、1996年(平成8年)に初登場した。

[続きを読む]

打ち上げ花火が「ヒュ~」と鳴る理由

打ち上げ花火が上がる時の音といえば「ヒュ~……ドン」が定番の音である。この「ヒュ~」という音は空気との摩擦で自然に鳴るものではない。

[続きを読む]

自販機で戻ってくるお札の特徴

自動販売機でお札を使おうとする時、そのまますんなり入るお札と戻ってくるお札がある。自販機に入らないお札には主に2つの特徴がある。

[続きを読む]

有人潜水調査船「しんかい6500」の役割

日本の深海調査をけん引してきたのが有人潜水調査船「しんかい6500」であり、その名の通り水深6500mまで潜航が可能である。

[続きを読む]

ゾウの鼻が長い理由

ゾウ(象)といえば、その長い鼻や大きな耳が特徴である。ゾウの長い鼻には進化の秘密が隠されている。

[続きを読む]

携帯電話の「1G」はどんな時代か

「第5世代移動通信システム」は英語で「5th Generation Mobile Communication System」であり、一般的に「5G(第5世代)」と略される。

[続きを読む]

首都高で活躍する「インフラドクター」

「首都高速道路」は東京都区部とその周辺地域にある路線長337.8kmの都市高速道路で、「首都高速」や「首都高」と略される。

[続きを読む]

ネコが「ニャー」と鳴く理由

ネコ(猫)の鳴き声といえば一般的に「ニャー」や「ミャー」だが、大人のネコ同士でこのような鳴き声を出すことはないという。

[続きを読む]

「桜の花見」を最初に主催した嵯峨天皇

庶民が桜を見ながら酒を飲んで楽しむという様式の花見が広まったのは、江戸時代になってからだと言われている。

[続きを読む]

「お茶づけ海苔」のアラレは乾燥剤

永谷園の「お茶づけ海苔」は1952年(昭和27年)に発売が開始され、2021年(令和3年)時点で出荷累計250億食を超える大ヒット商品である。

[続きを読む]

有明アリーナの屋根が反り返っている理由

東京2020オリンピック・パラリンピックのために、メインスタジアムとなる「新国立競技場」をはじめ様々な施設が建設された。

[続きを読む]

「生ハム」が腐らない理由

「生ハム」とは、豚のもも肉を塩漬けして低温で燻煙(くんえん:煙でいぶすこと)した加工食品で、作る時に加熱や煮沸を行わないのが特徴である。

[続きを読む]

「水族館の巨大水槽」と「うどん」の関係

水族館ではジンベエザメが優雅に泳ぐような大きな水槽を見ることが出来るが、この巨大水槽はアクリル製のものが一般的である。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加