記事一覧

浅草寺につながる謎の地下通路

東京メトロの浅草駅と浅草寺の間には、地元の人もほとんど知らない不思議な地下通路がある。

[続きを読む]

谷川岳の遭難者を救った「伝書鳩」

日本における山での遭難件数は2018年(平成30年)の1年間で2661件であった。登山ブームもあり山で遭難する人の数は年々増加している。

[続きを読む]

自販機の様々な売上アップ作戦

街や駅などに必ずある飲み物の自動販売機だが、年間の総売り上げは約2兆円と言われており、巨大な市場を持つ。

[続きを読む]

お茶は「緑色」なのに「茶色」の理由

現在、日本茶の多くは「緑色」だが、「茶色」という色は「茶の色」なのに、緑色ではなく土や栗の実のような「褐色」と呼ばれる色である。

[続きを読む]

「道頓堀」の地名の由来

「道頓堀(どうとんぼり)」は、大阪府大阪市中央区の繁華街および町名。また、同所の北を流れる道頓堀川の略称でもある。

[続きを読む]

浅草寺に「新橋」の大提灯がある理由

浅草寺の雷門は浅草の代名詞でもあるが、その雷門にある大提灯には「雷門」の文字が書かれている。

[続きを読む]

甘いリンゴはお尻の黄色で見分ける

リンゴといえば「赤色」というイメージがあるが、甘くて美味しいリンゴは赤色ではなく「黄色」で見分けることができる。

[続きを読む]

鍾乳洞は石灰岩が侵食された洞窟

「鍾乳洞(しょうにゅうどう)」は「石灰洞(せっかいどう)」とも呼ばれ、日本の各地に存在する「石灰岩の洞窟」である。

[続きを読む]

「日本百名山」は個人の主観で選定

登山愛好家のバイブルとも言われる「日本百名山」は、1人の随筆家および登山家が主観で選んだものである。

[続きを読む]

「けち」の語源・由来

「けち」とは「金銭や品物を惜しんで出さないこと」などの意味があり、「何事につけてもけちな人だ」のような使われ方がされる。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加