記事一覧

町工場の倒産危機を救った絶品「生キャラメル」

福島県郡山市に携帯電話などの電子部品を作る「向山製作所」という会社がある。なぜか電子部品メーカーが大人気の生キャラメルを作っている。

[続きを読む]

バウムクーヘンの小分け袋には穴が開いている

スーパーなどで見かける大きな袋に入ったお徳用の「バウムクーヘン」。中には小分けに包装された一口サイズのバウムクーヘンが入っている。

[続きを読む]

東京駅から350kmの地点に見える建物

東京から新大阪に新幹線で向かう途中、ちょうど350kmの地点に建物がある。それはキリンビール名古屋工場である。

[続きを読む]

新幹線のトイレが臭くない理由

公衆トイレなど一般的なトイレは使用していない際、ドアが開くようになっているが、新幹線のトイレは常にドアが閉まっている。

[続きを読む]

底が狭いグラスで飲むとお酒の量が増える

世の中には様々な形のグラスがあるが、一般的なまっすぐなグラスに対して、底が狭く飲み口が広がっているグラスでお酒を飲むと無意識に飲む量が増える。

[続きを読む]

フィギュアスケートとスピードスケートは貧富の差で誕生

スケート競技には、スケートリンクの上でステップ・スピン・ジャンプなどの技を組み合わせ、音楽に乗せて滑走する「フィギュアスケート」と、スケートリンクを周回するタイムを競う「スピードスケート」がある。

[続きを読む]

ラーメンは雨の日だと美味しくなる

お店のラーメンはいつも同じ味のようにも思えるが、実はラーメンの味は天気の影響を受けている。

[続きを読む]

剥がれにくい絆創膏の貼り方

指先に貼る絆創膏はシワが寄ったり、指先からポロッと抜け落ちてしまう事がある。そんな時、ハサミを使う事で絆創膏を剥がれにくくする技がある。

[続きを読む]

黒豆の「縁起のいわれ」は今と昔では違う

和食の盛り付けには縁起を担いだ食材を盛り込むというもてなしがある。例えば、鯛は「めでたい」、昆布は「よろこぶ」などである。

[続きを読む]

花見団子の正しい並び順とその意味

和食には盛り付け自体に意味がある料理が数多くある。三色の花見団子の順番にも決まりがある。

[続きを読む]

鉛筆削りは暗殺事件をきっかけに広まった

文房具の中には暗殺事件がきっかけで広まったものがある。それが鉛筆削りである。

[続きを読む]

タピオカのおかげで無洗米が美味しくなる

タピオカを使ったタピオカミルクティーは、2018年のヒット商品にも選ばれるほど人気がある。そんなタピオカが無洗米作りには不可欠である。

[続きを読む]

「縫い目なしニット」が宇宙服に採用された理由

ユニクロや世界の高級ブランド、さらに宇宙服まで支える技術が和歌山県和歌山市にある。それは立体的に縫い目のないニットを作る株式会社島精機製作所の機械である。

[続きを読む]

子どもの苦手な野菜が美味しいのは老化

ピーマンやニンジン、ゴーヤ、パセリ、ミョウガなど、子どもの頃に苦手だった野菜が大人になって食べられるようになった経験はないだろうか。

[続きを読む]

視力検査で1.0でも実質0.4の恐れがある

普通自動車運転免許の受験資格には視力が両眼で0.7以上の条件があるが、ドライバーの4人に1人は視力0.7に達していないという研究データもある。

[続きを読む]

花粉の計測方法と飛散量が多い日

花粉症に悩む人は4人に1人とも言われ、今や国民病とも言える状態である。花粉症シーズンには毎日のようにニュースでも花粉予想が発表されている。

[続きを読む]

けん玉の発祥は日本ではなくフランス

けん玉は日本に古くからあり、日本人に馴染み深い遊びだが、その発祥は日本ではない。

[続きを読む]

けん玉で集中力がアップする技は「うさぎとかめ」

けん玉は日本に古くからある遊びだが、今驚きの進化を遂げ世界中で大ブームとなっている。アクロバティックな技・超難度な技など、その数は3万種類以上にもなる。

[続きを読む]

オフィス家具がグレーだらけの理由

一昔前のオフィスはグレーを基調とした地味なイメージがあるが、これは派手を好まない日本人のセンスではない。そして、オフィス家具がグレーなのは日本が発祥ではない。

[続きを読む]

地図を読めない女性は「女性脳」が原因ではない

男女による脳の作りの違いで、その性格や行動を分析する書籍が数多く存在する中、女性は地図を読めないとよく言われる。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加