記事一覧

名字に木(杉・柳・松)がつく理由

日本人には杉田さんや柳沢さん、松本さんのように、杉、柳、松、藤、栗、梅、桑、梶、桐、楠など、樹木がつく名字の人が多くいる。

[続きを読む]

「段ボール」の名前の由来

「段ボール」とは、波状に成形した中芯(なかしん)と呼ばれる紙の片面または両面にライナーと呼ばれる板紙を張り合わせたものである。

[続きを読む]

「すき家」の外壁がレンガ造りの理由

牛丼チェーン店「すき家」の店舗の壁には本物の「レンガ」が使用されている。なぜレンガ造りなのか。

[続きを読む]

指が「ポキポキ」と鳴る理由

戦う前などに指を「ポキポキ」と鳴らすイメージがあるが、この指の「ポキポキ」とは何の音なのか。

[続きを読む]

眼科検診の「気球の絵」の逸話

眼科の検診の際に「真っ直ぐな道路の先に赤色の気球が浮かんだ絵」を見せられる。なぜ気球の写真なのか。

[続きを読む]

保湿ティッシュが湿っている理由

優れたティッシュペーパーが生産される日本では、柔らかいティッシュを求めて、世界で初めて「保湿ティッシュ」が誕生した。

[続きを読む]

浅草寺につながる謎の地下通路

東京メトロの浅草駅と浅草寺の間には、地元の人もほとんど知らない不思議な地下通路がある。

[続きを読む]

谷川岳の遭難者を救った「伝書鳩」

日本における山での遭難件数は2018年(平成30年)の1年間で2661件であった。登山ブームもあり山で遭難する人の数は年々増加している。

[続きを読む]

自販機の様々な売上アップ作戦

街や駅などに必ずある飲み物の自動販売機だが、年間の総売り上げは約2兆円と言われており、巨大な市場を持つ。

[続きを読む]

お茶は「緑色」なのに「茶色」の理由

現在、日本茶の多くは「緑色」だが、「茶色」という色は「茶の色」なのに、緑色ではなく土や栗の実のような「褐色」と呼ばれる色である。

[続きを読む]

「道頓堀」の地名の由来

「道頓堀(どうとんぼり)」は、大阪府大阪市中央区の繁華街および町名。また、同所の北を流れる道頓堀川の略称でもある。

[続きを読む]

浅草寺に「新橋」の大提灯がある理由

浅草寺の雷門は浅草の代名詞でもあるが、その雷門にある大提灯には「雷門」の文字が書かれている。

[続きを読む]

甘いリンゴはお尻の黄色で見分ける

リンゴといえば「赤色」というイメージがあるが、甘くて美味しいリンゴは赤色ではなく「黄色」で見分けることができる。

[続きを読む]

鍾乳洞は石灰岩が侵食された洞窟

「鍾乳洞(しょうにゅうどう)」は「石灰洞(せっかいどう)」とも呼ばれ、日本の各地に存在する「石灰岩の洞窟」である。

[続きを読む]

「日本百名山」は個人の主観で選定

登山愛好家のバイブルとも言われる「日本百名山」は、1人の随筆家および登山家が主観で選んだものである。

[続きを読む]

「けち」の語源・由来

「けち」とは「金銭や品物を惜しんで出さないこと」などの意味があり、「何事につけてもけちな人だ」のような使われ方がされる。

[続きを読む]

外来種のホンビノス貝が救世主の理由

東京湾におけるアサリなど貝類の漁獲量は1960年代以降、大幅に減少しており、東京湾で貝が獲れない状況になっている。

[続きを読む]

「中国地方」の名前の由来

日本には「中国地方」と呼ばれる地域があり、鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県の5県により構成される。

[続きを読む]

飛行機のビジネス席が誕生した理由

飛行機の座席に「ビジネスクラス」(Business class)があるが、このクラスは旅客の怒りから誕生したものだった。

[続きを読む]

ラクダが砂嵐で目を開けられる理由

ラクダは砂漠のような乾燥した場所に適応した動物である。そんなラクダは砂嵐の中でも目を開けることができる。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加