記事一覧

テニスボールが缶に入っている理由

スポーツのボールは通常そのままの状態で販売されているものが多いが、試合球として使用される硬式テニスボールは缶に入れて販売されている。

[続きを読む]

広島のバレーボール製造が世界一の理由

バレーボール競技で使われるボール。意外に思われるかもしれないが、広島はバレーボールで世界一のシェアを誇る。

[続きを読む]

日本酒のアルコール度数が高い理由

酵母によって造られる醸造酒にはワインやビール、日本酒(清酒)などがある。そのアルコール度数はワインが12%、ビールが5%、日本酒が15%前後である。

[続きを読む]

赤味噌と白味噌で色が違う理由

味噌には赤味噌と白味噌があるが、両方とも原料は同じ大豆である。それなのに何故、赤と白で色が違うのか。

[続きを読む]

野口英世が改名した理由

野口英世(のぐち ひでよ、1876~1928年)は、細菌学者として黄熱病や梅毒の研究に命をかけ、3度もノーベル賞の候補に挙がった偉人中の偉人である。

[続きを読む]

カレンダーの土曜日が青色の理由

カレンダーの土曜日の色といえば一般的に「青色」で表記されている。数ある色の中でなぜ青色が選ばれたのか。

[続きを読む]

「割り箸」の語源・由来

「割り箸」は、割れ目が入れてあり、二つに割って使う。しかし、その名前は「割る箸」に由来するものではない。

[続きを読む]

「ビフテキ」の語源・由来

「ビフテキ」は、肉料理の一種であるビーフステーキを意味するが、「ビーフステーキ」の略語ではない。

[続きを読む]

「ネギトロ」の語源・由来

寿司で「ネギトロの軍艦巻き」などがあるが、ネギトロの「ネギ」は野菜のネギのことではない。さらに「トロ」もマグロのトロではない。

[続きを読む]

ペットボトルの飲み口に透明と白がある理由

ペットボトルの飲み口には透明と白の2種類がある。その理由としては、中の飲み物の入れ方に違いがある。

[続きを読む]

プルタブ集めはリサイクル工場を困らせる

缶ジュースに必ず付いている「プルタブ」。プルタブのリサイクルといえば、プルタブをたくさん集めると車椅子に交換できるボランティア活動をイメージする人も多い。

[続きを読む]

「わさび」と書かれたおろし板でわさびが美味しくなる

わさびをおろすための道具「おろし板」がその見た目からSNSなどで話題となっている。そのおろし板のおろし面には「わさび」の文字が彫られている。

[続きを読む]

足裏のツボはたった1か所しかない

街でもよく見かける「足ツボ」の看板。足の裏のさまざまな場所を刺激することで、その痛みとともに体が楽になる。

[続きを読む]

明石焼きは捨てられる黄身から作られた

兵庫県の「明石焼き」は主に卵に黄身で作り、出汁で食べられる。「阿倍野明石焼き たこつぼ」がミシュランガイドに掲載されるなど、名店も誕生した。

[続きを読む]

愛媛県の「いよかん」は元々は山口県のもの

現在、「いよかん」は全国生産量の約9割が愛媛県で生産されており、愛媛県の特産品である。そんな「いよかん」は元々は山口県のものだった。

[続きを読む]

二十世紀梨は千葉県のゴミ置き場に生えていた

「二十世紀梨」は鳥取の梨として有名で、鳥取県産の梨の約8割を占める。そんな二十世紀梨は千葉県のゴミ置き場に生えていたものだった。

[続きを読む]

宇治茶は京都産でなくても「宇治茶」と名乗れる

お茶の最高峰の一つとされるのが「宇治茶」で、高級品は100gで8,000円を超えるものもある。宇治茶を栽培している京都府宇治市は「日本茶の発祥の地」とされる。

[続きを読む]

腕の静脈が青く見えるのは目の錯覚

人の腕には血管があるが、手首の静脈などその血管の色は青っぽく見える。しかし、この血管が「青色」に見えるのは「目の錯覚」である。

[続きを読む]

「カレーうどん」と「カレー南蛮」の違い

「カレーうどん」は、だし汁にカレー粉を加えてカレー風味にしたものや、だし汁で延ばした和風カレーをつゆとして用いたものなどで、店によっては「カレー南蛮」と呼ぶ。

[続きを読む]

ワタナベさんは節分に豆まきをしなくてもよい

節分の日には一般的に「鬼は外、福は内」と声を出しながら豆をまいて、年齢の数だけ豆を食べて厄除けを行う。その豆まきを「ワタナベさん」はしなくてもよいとされる。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加