「語源・由来」記事一覧

「束の間」の意味・由来

「束の間(つかのま)」には、「ほんの少しの時間、ちょっとの時間、あっという間」などの意味がある。

[続きを読む]

「アンデスメロン」の名前の由来

「アンデスメロン」は、株式会社「サカタのタネ」が1977年(昭和52年)に開発した品種で、日本生まれのメロンである。

[続きを読む]

「チキンナゲット」の名前の由来

「チキンナゲット」とは、鶏肉の小片や鶏ひき肉を塊にして成形し、衣やパン粉をまぶして調理した料理である。

[続きを読む]

「おろそか」の意味・由来

「おろそか」は漢字では「疎か」と書き、「いいかげんに扱うさま、思いやりが薄いさま、なおざり、粗末なさま」などの意味がある。

[続きを読む]

「でかす」の意味・由来

「でかす」は漢字では「出来す」と書き、「やってのける、成し遂げる、うまくやる」などの意味がある。

[続きを読む]

「差し入れ」の意味・由来

「差し入れ(さしいれ)」とは、「ねぎらいのために飲食物などを届けること。また、その品物」を意味する言葉である。

[続きを読む]

「ぬか喜び」の意味・由来

「ぬか喜び」とは、「あてがはずれて、あとでがっかりするような一時的な喜び、はかない喜び」という意味である。

[続きを読む]

「糠(ぬか)」の名前の由来

「糠(ぬか)」とは、玄米(げんまい)などの穀物を精白した際に出る外皮の果皮(かひ)や種皮(しゅひ)、胚芽(はいが)などの部分のことである。

[続きを読む]

「色を付ける」の意味・由来

「色を付ける(いろをつける)」とは、「商売などで値段を安くしたり、おまけを付けたりする」という意味の言葉である。

[続きを読む]

「ハイカラ」の意味・由来

「ハイカラ」とは、「西洋風でしゃれた、きざな、目新しい様、またそのような人」という意味の言葉である。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加