「語源・由来」記事一覧

「チョコレート」の名前の由来

「チョコレート(chocolate)」は、カカオの種子(カカオ豆)を発酵・焙煎したカカオマスを主原料とし、これに砂糖やココアバター、粉乳などを加えた食品である。

[続きを読む]

「手を染める」「足を洗う」の意味・由来

悪いことをし始める時は「手を染める(てをそめる)」、一方で悪いことをやめる時は「手を洗う」ではなく「足を洗う(あしをあらう)」と表現する。

[続きを読む]

「梅雨」の言葉の由来

「梅の雨」と書く「梅雨」は「つゆ」または「ばいう」と読む。日本では6月~7月にかけての雨や曇りの多い時期を指す。

[続きを読む]

「ガリ」の名前の由来

「ガリ」とは、甘酢ショウガのことであり、生姜(ショウガ)を薄く切って甘酢に漬けたものである。握り寿司などの添え物として知られる。

[続きを読む]

「鶴の一声」の意味・由来

「鶴の一声(つるのひとこえ)」は、職場の会議などで意見の対立が起きた時に、結論をあっさりと下す有力者・権威者の一言を意味する。

[続きを読む]

「はっけよい のこった」の意味・由来

「はっけよい のこった」とは、相撲の行司が土俵の上で動きの止まった両力士に掛ける掛け声である。

[続きを読む]

「珈琲」の漢字の由来

「コーヒー(coffee)」は日本において漢字で「珈琲」と書く。この漢字は当て字であり、江戸時代に考案されたと言われている。

[続きを読む]

「バッタもん」の意味・由来

「バッタもん」とは、「正規の流通ルートで仕入れた物ではない商品」あるいは「偽物の商品」を意味する言葉である。

[続きを読む]

「スペインかぜ」の名前の由来

1918年(大正7年)から約3年に渡り猛威を振るった「スペインかぜ」(Spanish Flu)は、世界で5000万人もの死者を出したとも言われる。

[続きを読む]

「ガチ・ガチンコ」の意味・由来

「ガチ」とは「ガチンコ」を略した言葉で、「真剣勝負、本気で行うさま、真剣に、本当に」などの意味がある。

[続きを読む]

「ポン酢」の名前の由来

「ポン酢(ポンず)」とは、ダイダイ・ユズ・スダチ・カボス・ライムなどの柑橘類の果汁を用いた和食の調味料を意味する。

[続きを読む]

「ホットドッグ」の名前の由来

「ホットドッグ(hot dog)」は、細長いパンに切れ目を入れ、温めたフランクフルト・ソーセージなどを挟んだ食べ物である。

[続きを読む]

「こんにちは」「こんばんは」の由来

昼間に人に出会った時や人を訪問とした時に「こんにちは」という挨拶を用いる。漢字では「今日は」と書く。

[続きを読む]

「塩を踏む」の意味・由来

「塩を踏む(しおをふむ)」とは、「世間に出て苦労する、他人の間でつらい目にあう」という意味の言葉である。

[続きを読む]

「束の間」の意味・由来

「束の間(つかのま)」には、「ほんの少しの時間、ちょっとの時間、あっという間」などの意味がある。

[続きを読む]

「アンデスメロン」の名前の由来

「アンデスメロン」は、株式会社「サカタのタネ」が1977年(昭和52年)に開発した品種で、日本生まれのメロンである。

[続きを読む]

「チキンナゲット」の名前の由来

「チキンナゲット」とは、鶏肉の小片や鶏ひき肉を塊にして成形し、衣やパン粉をまぶして調理した料理である。

[続きを読む]

「おろそか」の意味・由来

「おろそか」は漢字では「疎か」と書き、「いいかげんに扱うさま、思いやりが薄いさま、なおざり、粗末なさま」などの意味がある。

[続きを読む]

「でかす」の意味・由来

「でかす」は漢字では「出来す」と書き、「やってのける、成し遂げる、うまくやる」などの意味がある。

[続きを読む]

「差し入れ」の意味・由来

「差し入れ(さしいれ)」とは、「ねぎらいのために飲食物などを届けること。また、その品物」を意味する言葉である。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加