「語源・由来」記事一覧

「文房具」の語源・由来

文房具とは、仕事場やオフィスにおいて情報の処理・記録・伝達などのために備えられる道具類を指す。

[続きを読む]

「刺身」の語源・由来

「刺身(さしみ)」とは、魚介類などの素材を生のまま薄く切り、醤油やワサビなどの調味料を付けて食べる日本料理である。「造り」や「お造り」などとも言う。

[続きを読む]

イチゴ「あまおう」の名前の由来

「あまおう」は、福岡県で育成されるイチゴで、福岡県下のJAグループでは「博多あまおう」のブランド名で販売している。

[続きを読む]

「割り箸」の語源・由来

「割り箸」は、割れ目が入れてあり、二つに割って使う。しかし、その名前は「割る箸」に由来するものではない。

[続きを読む]

「ビフテキ」の語源・由来

「ビフテキ」は、肉料理の一種であるビーフステーキを意味するが、「ビーフステーキ」の略語ではない。

[続きを読む]

「ネギトロ」の語源・由来

寿司で「ネギトロの軍艦巻き」などがあるが、ネギトロの「ネギ」は野菜のネギのことではない。さらに「トロ」もマグロのトロではない。

[続きを読む]

「アンカー」の語源・由来

リレー競技の最終走者・泳者を「アンカー」というが、これはもともと別の競技の「綱引き」に由来する。

[続きを読む]

「真打」の語源・由来

真打(しんうち)とは、落語家や講釈師の身分の一つ。身分の中では最も高く、最高の力量を持つ者だけがなれるとされる。

[続きを読む]

「まとも」の語源・由来

「まとも」は、「まっすぐに向かい合うこと」「真正面」「まじめなこと」「正当であること」などの意味がある。「まとも」の語源は風に関係している。

[続きを読む]

「ソメイヨシノ」の語源・由来

サクラの品種「ソメイヨシノ」(染井吉野)は、エドヒガン系の桜と日本固有種のオオシマザクラの雑種の交配で生まれた日本産のサクラで、その樹を始原とするクローンである。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加