記事一覧

「食指が動く」の語源・由来

「食指が動く」(しょくしがうごく)とは、「食欲が起こる」「興味・関心を持つ」「物を欲しがる」などの意味を持つ言葉である。

[続きを読む]

硬貨にだけ製造年の刻印がある理由

10円玉や100円玉、500円玉など日本の硬貨には、「平成31年」や「令和元年」のように製造された年が刻まれている。

[続きを読む]

地球が自転している理由

人類が生きているこの地球では朝に太陽が昇り、夜に沈む。これは地球が自転しているためで、地球は地軸を中心に回っている。

[続きを読む]

「ら行」の言葉が少ない理由

今年は令和2年(2020年)であり、「令和(れいわ)」はすっかり見慣れた元号となっている。

[続きを読む]

競技用プールの波が立ちにくい理由

近年、オリンピックなどの国際大会で使用される競技用のプールは、選手が最大のパフォーマンスを発揮できるよう工夫されている。

[続きを読む]

「めど」の語源・由来

「めど」は漢字では「目処」または「目途」と書き、「目指すところ」や「目当て」「目標」などの意味がある。

[続きを読む]

オービスの手前に警告看板がある理由

自動車の事故防止に役立っているのが、スピード違反した車を自動で検知する速度違反自動取締装置「オービス」(ORBIS)である。

[続きを読む]

「春秋に富む」の意味・由来

「春秋に富む」(しゅんじゅうにとむ)とは、「年齢が若くて、将来性がある」という意味の言葉である。

[続きを読む]

箱根駅伝で走り出した警察官

これは箱根駅伝が始まったばかりの1921年(大正10年)の第2回大会での話である。その大会で警察官による前代未聞の事件が起きた。

[続きを読む]

「グッズつき本」を書店に置くメリット

「出版不況」とも言われるように出版業界は市場規模が縮小傾向にある。そんな中でも「グッズつき本」は人気を集めている。

[続きを読む]

ウイスキーが琥珀色になった理由

現在造られているウイスキーのほとんどは琥珀色をしているが、実は元々ウイスキーは無色透明だった。これには密造酒が関係している。

[続きを読む]

クリアファイルにくぼみがある理由

長く愛され続けている文房具の「クリアファイル」には、上と下に二つのくぼみがある。これらにはそれぞれ意味がある。

[続きを読む]

「チャーハン」と「ピラフ」の違い

日本で人気の米料理として「チャーハン(炒飯)」と「ピラフ」がある。これらは似た料理に思えるが、違いを挙げるとすればそれは作り方である。

[続きを読む]

「草津温泉」の名前の由来

「草津(くさつ)」の地名には、「草津温泉」のある群馬県吾妻郡草津町の「草津」や、滋賀県南西部に位置する草津市の「草津」などがある。

[続きを読む]

ロシア人宇宙飛行士が銃を携帯する理由

2019年にロシア宇宙開発当局は、ロシア人宇宙飛行士が宇宙に行く時に銃の携帯を認めるという驚きの方針を発表した。

[続きを読む]

「火中の栗を拾う」の意味・由来

「火中の栗を拾う」(かちゅうのくりをひろう)という言葉は、「自分の利益にならないのに、他人のために危険を冒すことの例え」として使われる。

[続きを読む]

鳥はトウガラシを辛く感じない

人間は唐辛子(トウガラシ)を食べると辛いと感じるが、鳥は辛いとは感じない。これによりトウガラシの生息範囲は広がった。

[続きを読む]

「山手線」の読み方の歴史

JR東日本が運営する鉄道路線「山手線」は「やまのてせん」と読む。その路線名を「の」がない「やまてせん」と読んでいた時代がある。

[続きを読む]

羽田空港の地下に眠る飛行機

羽田空港は1931年(昭和6年)に開港し、80年以上の歴史がある。その羽田空港の滑走路の下には飛行機が眠っている。

[続きを読む]

ウィーン・フィル伝統の音と日本の技術

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の伝統の音を守った日本の技術がある。それは14年にわたる研究者の執念が生み出したものである。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加