記事一覧

「火中の栗を拾う」の意味・由来

「火中の栗を拾う」(かちゅうのくりをひろう)という言葉は、「自分の利益にならないのに、他人のために危険を冒すことの例え」として使われる。

[続きを読む]

鳥はトウガラシを辛く感じない

人間は唐辛子(トウガラシ)を食べると辛いと感じるが、鳥は辛いとは感じない。これによりトウガラシの生息範囲は広がった。

[続きを読む]

「山手線」の読み方の歴史

JR東日本が運営する鉄道路線「山手線」は「やまのてせん」と読む。その路線名を「の」がない「やまてせん」と読んでいた時代がある。

[続きを読む]

羽田空港の地下に眠る飛行機

羽田空港は1931年(昭和6年)に開港し、80年以上の歴史がある。その羽田空港の滑走路の下には飛行機が眠っている。

[続きを読む]

ウィーン・フィル伝統の音と日本の技術

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の伝統の音を守った日本の技術がある。それは14年にわたる研究者の執念が生み出したものである。

[続きを読む]

「熱海」の地名の由来

「熱海(あたみ)」は静岡県の最東部に位置し、年間700万人もの人々が訪れる人気の温泉地である。熱海温泉は日本の三大温泉の一つとも言われる。

[続きを読む]

「サラダ油・サラダ味」の名前の由来

「サラダ油」とは、植物の種子や果肉に含まれる脂質を抽出・精製した植物油の一種。日本では家庭で最もよく使われる食用油である。

[続きを読む]

「晴れ」と「曇り」の境目とは

天気には「晴れ」や「曇り」がある。晴れは雲が少ない状態、曇りは雲が多い状態である。では、その境目は雲がどの状態を指すのか。

[続きを読む]

「見当外れ」の語源・由来

「見当外れ(けんとうはずれ)」は「見当違い(けんとうちがい)」ともいい、推測や判断を誤ること、方向を誤ることを意味する。

[続きを読む]

食糧危機を救う「代用肉ハンバーグ」

2020年(令和2年)現在、世界の人口は約77億人だが、30年後の2050年には約97億人にまで増えるという予想がある。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加