記事一覧

最高級のかんなは明治22年以前の鉄を使用

大工道具「かんな」(鉋)は、材木の表面を削って加工するための道具で、日本に昔からある道具の一つである。

[続きを読む]

イースター島では文字の代わりにあやとりを使用

モアイ像で有名なイースター島では、文字の代わりに日本の伝統的な遊びである「あやとり」が使われていた。

[続きを読む]

千羽鶴はリサイクルでTシャツに生まれ変わる

「千羽鶴」は、広島で被爆した少女が戦後に白血病になり、延命を願い折り続けたという歴史から「平和の象徴」となっている。

[続きを読む]

スイス産チーズでできたスイスメイドの時計

スイスの伝統的なブランド「H.モーザー(H.Moser & Cie)」は、2017年にスイス産チーズでできた腕時計を発表した。この時計は強い皮肉を込めて作られたことで話題となった。

[続きを読む]

緑の少ない「グリーンランド」の名前の由来

デンマーク領の「グリーンランド」(Greenland)はその名前の通り「緑の島」という意味である。しかし、島のほとんどは氷で覆われ、緑の少ない島である。

[続きを読む]

肉じゃがはビーフシチューの失敗作という説

肉じゃがは、日本の煮込み料理の一つである。その肉じゃがは、ビーフシチューを作ろうとして失敗してできた料理だったという説がある。

[続きを読む]

仙台にはご当地グルメ「マーボー焼きそば」がある

ご当地グルメは全国各地にあり、北海道の「ジンギスカン」、秋田県の「きりたんぽ鍋」、奈良県の「柿の葉寿司」、愛知県の「ひつまぶし」などが有名である。

[続きを読む]

「ペンギン」はもともと別の鳥の名前だった

現在、私たちが「ペンギン(Penguin)」と呼んでいる鳥は、もともと「ペンギン」という名前ではなかった。そして、別の鳥が「ペンギン」と呼ばれていた。

[続きを読む]

香川県は2回消えて2回復活した

都道府県の県名は1回消えて復活した県はたくさんある。例えば、奈良県や富山県である。そんな中、香川県は日本で唯一県名が2回消えて2回復活している。

[続きを読む]

47都道府県それぞれに「県音」がある

各都道府県にはその土地のシンボルとなる木や花、鳥が定められている。例えば、東京の場合、木はイチョウ、花はソメイヨシノ、鳥はユリカモメである。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加