記事一覧

パイロット万年筆「エリートS」

パイロットの万年筆「エリートS」は1968年(昭和43年)に定価2000円で発売され、大ヒットした文房具である。

[続きを読む]

「ピーナッツ」は「ナッツ」ではない

「ナッツ(nuts)」とは、「硬い殻をもった食べられる木の実」の総称であり、栄養が豊富なナッツは「天然のサプリメント」とも呼ばれる。

[続きを読む]

昆虫が小さい理由

カブトムシやクワガタムシ、バッタ、トンボ、カマキリ、アリ、テントウムシなど、昆虫は人間に比べてかなり小さい。

[続きを読む]

「うまい棒」誕生の物語

「うまい棒」は、東京都墨田区横川に本社を置く株式会社やおきんが、1979年(昭和54年)7月に発売した棒状のスナック菓子である。

[続きを読む]

「キツツキ」の名前の由来

「キツツキ(啄木鳥)」は、キツツキ科に属する鳥の総称。くちばしが極めて硬く、先が尖り、樹木をつついて穴をあけ、中にいる昆虫を食べる。

[続きを読む]

「一両日」の意味・用法

「一両日(いちりょうじつ)」という言葉は、「一日または二日」や「今日または明日」という意味である。

[続きを読む]

人気アイスの昔と今の違い

長い間人気のあるお菓子やアイスなどの商品には、企業の努力が詰まっており、私たちが気付かないうちに改良されている点もある。

[続きを読む]

人気お菓子の昔と今の違い

長い間人気のあるお菓子やアイスなどの商品には、企業の努力が詰まっており、私たちが気付かないうちに改良されている点もある。

[続きを読む]

辛い食べ物がやみつきになる理由

トウガラシが入った麻婆豆腐やラーメンのような辛い食べ物を一度食べると、人はやみつきになり、また食べたくなる。

[続きを読む]

「そうめん」の名前の由来

「そうめん」は、小麦粉を原料とした日本および東アジアの麺の一つ。冷やして食することが多く、清涼感を求めて夏の麺料理として食するのが一般的である。

[続きを読む]

公園の池にスワンボートがある理由

日本で大きめの公園や観光地の池や湖には、白鳥を模した形状の「スワンボート」と呼ばれる遊覧用の足漕ぎボートがある場合が多い。

[続きを読む]

「アホウドリ」の名前の由来

「アホウドリ」は、広義にはミズナギドリ目アホウドリ科に属する海鳥の総称で、狭義にはそのうちの1種を指す言葉である。

[続きを読む]

油性ペン「マッキー」誕生の物語

文具メーカーのゼブラ株式会社が製造・販売する油性ペン「マッキー」は、日常生活でもよく使用されており、年間で約2500万本もの売上を誇る。

[続きを読む]

「100万ドルの夜景」という理由

とてもキレイな夜景を「100万ドルの夜景」と表現する。これは兵庫県の六甲山から見える神戸の夜景に由来する言葉である。

[続きを読む]

「金字塔」の意味・由来

「金字塔(きんじとう)」は、「後世に長く残るようなすぐれた業績」や「不滅の業績」などの意味である。

[続きを読む]

「きのこの山」誕生の物語

「きのこの山」は、株式会社明治が1975年(昭和50年)から製造・販売しているチョコレートスナック菓子で、きのこの形が特徴である。

[続きを読む]

木彫りの熊が北海道名物の理由

木彫りの熊(きぼりのくま)は、クマをかたどった木製の立体造形物・民芸品で、北海道の土産として日本国内で広く知られる。

[続きを読む]

「下戸・上戸」の意味・由来

「下戸(げこ)」とは、体質的に酒やアルコール飲料を飲めない人を意味する。その対義語は「上戸(じょうご)」で、酒を多く飲む人を意味する。

[続きを読む]

お地蔵さんと閻魔大王は同一人物

「お地蔵さん」は「地蔵菩薩(じぞうぼさつ)」のことであり、親しみを込めて「お地蔵さん」や「お地蔵様」と呼ばれる。仏教の信仰対象である菩薩の一尊。

[続きを読む]

恐竜の全身骨格の展示の歴史

博物館に展示されている恐竜の全身骨格は子ども達にとても人気があり、今では国内の多くの博物館で展示されている。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加