記事一覧

「松濤」の地名の由来

東京都渋谷区にある「松濤しょうとう」は渋谷区の南西部に位置し町域の多くは住宅地で、東京都心を代表する高級住宅地のひとつとしても知られている。

[続きを読む]

「太子堂」の地名の由来

東京都世田谷区にある「太子堂たいしどう」は世田谷区の央部やや北東に位置し、複合ビル・キャロットタワーがあり、三茶(三軒茶屋)地域の中心となっている。駅は東急の三軒茶屋駅と西太子堂駅がある。

[続きを読む]

「蒲田」の地名の由来

東京都大田区にある「蒲田」は町名として存在するが、JR蒲田駅や京急蒲田駅を中心とした地域地名としても使用される。駅周辺は繁華街となっているが、商業地を抜けると高校や専門学校、大学なども多く、駅周辺とは異なり閑静で緑地が多い。大田区役所がある。

[続きを読む]

「祐天寺」の地名の由来

東京都目黒区にある「祐天寺ゆうてんじ」は目黒区中部に位置し、東急東横線の駅があり、主に住宅地である。

[続きを読む]

「戸越」の地名の由来

東京都品川区にある「戸越」は「とごし」と読み、品川区の中部に位置する。町域の西部に国道1号(第二京浜)が南北に走り、戸越駅近くに戸越銀座商店街があり人で賑わっている。

[続きを読む]

「深川」の地名の由来

東京都江東区にある「深川」は江東区の西側に位置し、深川地域に属する。かつて深川区として江東区の北西部を占めていたため、この地域を総称して「深川」と呼ぶことも多い。深川地域には清澄・白河・門前仲町・木場などが含まれる。

[続きを読む]

「業平」の地名の由来

東京都墨田区にある「業平」は墨田区の中央部に位置し、押上との隣接地に東京スカイツリー(所在地は押上)ができたことで有名となった。東京スカイツリータウンの開業に伴い、業平橋駅はとうきょうスカイツリー駅へと改称された。

[続きを読む]

「雷門」の地名の由来

東京都台東区にある「雷門」は浅草寺の正門で正式名称・風神雷神門(通称:雷門)がある場所を中心とした町。門に向かって、右側に風神、左側に雷神が配置されている。

[続きを読む]

「白山」の地名の由来

東京都文京区にある「白山」は「はくさん」と読み、白山駅周辺に商業地があり、その他は主に住宅地である。東洋大学 白山キャンパスなど教育施設が多い。

[続きを読む]

「四谷」の地名の由来

東京都新宿区にある「四谷」はJR四ツ谷駅を中心とした町で、かつて四谷区という1つの区であった。町名は「四谷」だが駅名は「四ツ谷」で、駅周辺の地域を「四ツ谷」と表記することもある。

[続きを読む]

「狸穴町」の地名の由来

東京都港区にある「狸穴町」は「まみあなちょう」と読み、正式には「麻布狸穴町」。外苑東通りより古川(渋谷川)の谷へ向かう斜面に位置する町であり、傾斜部の大部分はマンションや住宅などが並ぶ住宅地となっている。

[続きを読む]

「月島」の地名の由来

東京都中央区にある「月島」は明治期から現在までの町名で、もんじゃで有名。1892年(明治25年)、東京湾澪浚みおさらい計画に基づき、東京湾の浚渫しゅんせつ工事で出た大量の土砂を利用して埋め立てられた人口の島。

[続きを読む]

「麹町」の地名の由来

東京都千代田区にある「麹町」は旧麹町地区にあたる麹町地域の西側に位置し、渋谷区(四谷)との区境にあたる。大使館やオフィスビルが町域の多くを占める。

[続きを読む]

「小松川」の地名の由来

東京都江戸川区にある「小松川」は江戸川区の北西部に位置し、荒川・中川によって江戸川区の本土から分離している。

[続きを読む]

「お花茶屋」の地名の由来

東京都葛飾区にある「お花茶屋」は葛飾区の中部に位置し、お花茶屋駅(所在地は葛飾区宝町)の北側に広がる。駅前には商店街があり、その中に私立共栄学園がある。

[続きを読む]

「足立」の地名の由来

東京都足立区にある「足立あだち」は区名にもなっているが、町名としても存在する。足立区の南部で荒川の北に位置し、綾瀬地域に属する。

[続きを読む]

「光が丘」の地名の由来

東京都練馬区にある「光が丘」は練馬区の北部に位置する新興住宅地で、光が丘駅を中心に多くの団地が建ち並ぶ。駅周辺には大規模な複合型ショッピングセンター・光が丘IMAがあり、北側には都内でも有数の面積を誇る都立光が丘公園がある。

[続きを読む]

「成増」の地名の由来

東京都板橋区にある「成増」は板橋区の西端に位置し、西は埼玉県和光市と隣接し、埼玉からの玄関口になっている。駅の南側には成増飛行場跡の光が丘公園があり、北側には板橋区としては稀少な第一種低層住居専用地域(低層住宅の良好な環境を守るために厳しい規制がかけられている地域)の住宅地がある。

[続きを読む]

「尾久」の地名の由来

東京都荒川区にある「尾久」は「おぐ」と読み、荒川区の北西部に位置する。「尾久町」はかつて存在した町の名前で、現在「尾久」という町名は存在せず、「尾久西」と「尾久東」に分かれている。また尾久駅は「おく」と読む。

[続きを読む]

「赤羽」の地名の由来

東京都北区にある「赤羽」は北区の北端部に位置し、北の荒川を挟んた対岸は埼玉県川口市となる。赤羽地域にはJR赤羽駅・東京メトロ赤羽岩淵駅があり、交通の便もよく、北区の交通・商業の中心地であるとともに、埼玉県と隣接することから東京の北の玄関口でもある。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加