「歴史・文化」記事一覧

ワタナベさんは節分に豆まきをしなくてもよい

節分の日には一般的に「鬼は外、福は内」と声を出しながら豆をまいて、年齢の数だけ豆を食べて厄除けを行う。その豆まきを「ワタナベさん」はしなくてもよいとされる。

[続きを読む]

「ハッピーバースデートゥーユー」は替え歌ソング

誕生日を祝う時に歌われる「ハッピーバースデートゥーユー」はもともとアメリカの歌である。そして、この歌は実はただの替え歌ソングだった。

[続きを読む]

「およげ!たいやきくん」を巡る金銭トラブル

1975年(昭和50年)に発売された『およげ!たいやきくん』は累計475万枚の大ヒットとなった。売り上げは23億円以上に上り、日本で最も売れたシングル曲である。

[続きを読む]

アフリカの国旗に緑・黄・赤が多い理由

現在のアフリカ大陸の国々の国旗には緑・黄・赤が使われたものが多く、その国の数は約20ヵ国に上る。この三色にはアフリカの植民地の歴史と深い関係がある。

[続きを読む]

チョコの暗黒世界史・カカオをめぐる圧政

チョコレートの原料であるカカオを生産するアフリカ諸国とヨーロッパとの間に本当にあった悲しい歴史である。

[続きを読む]

大相撲で金星の時に座布団が舞う理由

大相撲の取組において横綱が格下の力士に負けた時、場内が大歓声に包まれ、観客が土俵に向かって自らの座布団を投げる「座布団の舞」が起きる。

[続きを読む]

座布団の前と後ろの見分け方

日本で古くから使われてきた「座布団」。何気なく座っている人も多いと思われるが、座布団には「前と後ろ」がある。

[続きを読む]

弁護士バッジの裏にある恥ずかしい刻印

弁護士の必需品であり胸に着けられる「弁護士バッジ」は、正式名称を「弁護士記章」という。

[続きを読む]

東京タワーなど東京の夜景を創る一人の女性

東京タワーや東京駅駅舎、浅草寺、六本木ヒルズ、レインボーブリッジなど、東京の夜を彩るライトアップを数多く手掛ける女性がいる。

[続きを読む]

和歌山にあるラピュタのような島「友ヶ島」

日本には「ラピュタの島」と呼ばれる島がある。その島は和歌山県と淡路島の間にあり、フェリーで訪れることのできる無人島「友ヶ島」である。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加