「歴史・文化」記事一覧

アロハシャツが誕生した理由

「アロハシャツ」(Aloha shirt)は、パイナップルやココナッツ、フラを踊る女性などのトロピカルなモチーフを、華やかでカラフルな色彩で染め上げた開襟シャツである。

[続きを読む]

「渦巻き型蚊取り線香」の誕生物語

夏の風物詩の一つでもある「蚊取り線香」。蚊取り線香は日本で生まれたもので、今では世界中の人々に使われている。

[続きを読む]

お盆のより相応しい過ごし方

お盆とは、日本で夏季に行われる先祖の霊を祀る一連の行事のことで、日本古来の祖霊信仰と仏教が融合したものである。

[続きを読む]

「弟ちゃん」とは呼ばない理由

家族の中で「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」という呼び方をするが、「弟ちゃん」「妹ちゃん」という呼び方は使われない。

[続きを読む]

日本の幽霊には足がない理由

海外と日本のホラーを比較した時、海外のゾンビなどには足があるが、日本の幽霊には足がないのが特徴である。

[続きを読む]

ベートーヴェンの肖像画が怒っている理由

学校の音楽室にはシューベルトやモーツァルト、ヴィヴァルディなど、数多くの音楽家の肖像画が飾られている。

[続きを読む]

格を表す「松・竹・梅」ができた理由

寿司屋やうなぎ屋などでは松・竹・梅(しょう・ちく・ばい)のランクが見られる。一般的には松が特上、竹が上、梅が並の意味を表す。

[続きを読む]

これ以上落ちない「上野大仏」

東京都台東区の上野恩賜公園(通称:上野公園)内には、「これ以上落ちない」ことで受験生らに人気の「上野大仏」がある。

[続きを読む]

カスピ海は2018年に湖から海になった

カスピ海を湖とするか海とするかは、湖の底にある石油や天然ガスなどの豊富な資源を巡り、沿岸5ヵ国で20年以上議論されてきた問題である。

[続きを読む]

江戸時代の歯ブラシと歯磨き粉とは

歯磨きが日常習慣として一般に普及したのは江戸時代のことである。この頃の歯磨きは「房楊枝(ふさようじ)」と呼ばれる歯ブラシが使用されていた。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加