記事一覧

「かぶら寿司」でブリをかぶに挟む理由

「かぶら寿司」は石川県の名産で、かぶに切り込みを入れてブリ(鰤)を挟み、麹で漬け込む伝統的な料理。乳酸発酵させる「なれずし」の一種である。

[続きを読む]

北極と南極の氷と気温の違い

北極と南極は氷の世界だが、その氷の厚さは北極と南極で大きく異なる。氷の最大の厚さは北極が約30m、南極が約4800mである。

[続きを読む]

機内食で使用できない2つの食材

飛行機の国際線や国内線の機内で提供される飲食物にはアレルギーを持つお客様に対応するために、主に2つの食材が使用できない。

[続きを読む]

ゾウの歯は何本あるか

長い鼻や大きな耳が特徴のゾウ(象)は、草や木の葉、枝、樹皮、果実、野菜などを食べる草食動物である。

[続きを読む]

能面が顔より小さい理由

「能面」は顔より少し小さく、演者のあごが能面から出ている。これは全ての能面に共通する特徴であり、わざと小さく作られている。

[続きを読む]

ブラックタイガーが安くて美味しい理由

スーパーなどでよく見かける「ブラックタイガー」は、和名が「ウシエビ(牛海老)」で、十脚目クルマエビ科に属するエビである。

[続きを読む]

中華料理店に「○○軒」が多い理由

昭和時代からある昔ながらの町の中華料理店を「町中華」と呼ぶ。そんな町中華の店名には「○○軒」が多い。

[続きを読む]

「ソーセージ」と「ウインナー」の違い

「ソーセージ」や「ウインナー」「フランクフルト」という名前の食品があるが、これらの違いについて確認してみる。

[続きを読む]

病気は「かかる」風邪は「ひく」理由

「病気にかかる」「インフルエンザにかかる」「花粉症にかかる」などと表現するが、何故か風邪の時は「風邪をひく」と表現する。

[続きを読む]

カレーパンを揚げる理由

「カレーパン」は、カレーを具とする調理パンで、衣を付けて揚げて作られることが多い。パンの中でも人気のある惣菜パンである。

[続きを読む]

四角いオリンピックメダルがある

オリンピックメダルといえば丸い形のメダルを思い浮かべるが、過去には四角い形をしたメダルもあった。

[続きを読む]

街路樹にイチョウが多い理由

日本の街路樹にはイチョウの木が多く利用されている。これにはイチョウが持つある性質が関係している。

[続きを読む]

能舞台の下にある秘密の仕掛け

能楽の舞台の下には、現在でいうスピーカーの役割を果たすある仕掛けがされている。これによって能楽をより楽しむことができる。

[続きを読む]

「うるう年」の語源・由来

「うるう年」は、太陽暦では2月を29日とし1年を1日多い366日とする年のことである。その追加された日は「うるう日」と呼ばれる。

[続きを読む]

エリザベス女王の誕生日が年2回ある理由

イギリスのエリザベス女王の誕生日は、4月21日と6月第2土曜日の年に2回ある。これにはイギリス王室の歴史と関係がある。

[続きを読む]

「ししおどし」は元々害獣除け

日本庭園などに設置されている「ししおどし」は、水の力を利用したその仕組みと風流な音が特徴である。

[続きを読む]

「おでん」の名前の由来

「おでん」は漢字では「御田」と書く。日本料理のうち、煮物料理の一種であり、鍋料理にも分類される。

[続きを読む]

スーツの襟に穴がある理由

スーツの襟の部分には穴があいている。現在この穴はバッジをつけるために使用することもあるが、もともと別の理由で穴があいていた。

[続きを読む]

「能」と「狂言」の違いとは

「能(のう)」と「狂言(きょうげん)」は、共に「猿楽(さるがく)」から発展した日本の伝統芸能である。

[続きを読む]

おでん用ちくわの模様が違う理由

「ちくわ」には、生で食べることの多い「普通のちくわ」と「おでん用のちくわ」があり、それぞれ模様が違う。なぜ模様が違うのか。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加