記事一覧

「世界最小の印刷された本」は0.75ミリ角

世界で一番小さい本は2013年3月に日本の凸版印刷株式会社が製作に成功した。その大きさは当時の世界記録0.9ミリ角を上回る0.75ミリ角である。

[続きを読む]

新幹線「のぞみ」の名付け親は阿川佐和子

新幹線「のぞみ」が運行を開始したのは1992年(平成4年)3月14日のことである。その「のぞみ」の名前を付けたのは、エッセイスト・阿川佐和子さんだという。

[続きを読む]

ピンク色の醤油「華貴婦人」と赤ビーツ

一般的な醤油は黒い色をしているが、ピンク色の醤油もある。「ピンク醤油 華貴婦人」という名前の醤油で、若い女性などに人気があるという。

[続きを読む]

オリンピックの金メダルは売ってもよい

オリンピックの金メダルは授与された本人のものであり、額縁に入れて飾ってもよいし、お金に困った時などに売ってもよい。

[続きを読む]

ピアノの鍵盤数が88鍵より増えていない理由

ピアノの歴史は古く、その誕生は今から300年以上も前で、イタリア・フィレンツェのメディチ家の目録から、1700年にはピアノがすでに存在していたとされる。

[続きを読む]

空港の滑走路の草が短い理由

空港の滑走路の周りには芝生のような短い草が生えていることが多いが、草を短くしているのは安全を守るためである。

[続きを読む]

インタビューで「放送席」と2回繰り返す理由

プロ野球のヒーローインタビューの際、アナウンサーは最初に「放送席、放送席」と2回繰り返すのが一般的である。これには意味があり、あることを解決していた。

[続きを読む]

インスタントラーメンを食べる国ランキング

インスタントラーメンは日本で誕生し、今では世界中で食べられている。そんなインスタントラーメンを多く食べている国のランキングである。

[続きを読む]

天皇陛下も運転免許の更新が必要である

意外に思われるかもしれないが、天皇陛下も運転免許証を所持され、運転を楽しまれていた。そして、天皇陛下も免許の更新が必要となる。

[続きを読む]

クモの糸で弦を作ったバイオリンがある

美しい音色を奏でるバイオリンだが、その弦には様々な素材が使われる。一般的には大きく分けて、ガット弦、スチール弦、ナイロン弦の3種類がある。

[続きを読む]

長さが1mを超える「大塚にんじん」

普通のニンジンは長くても20cm程だが、日本には長さ1mを超えるニンジンがある。それが山梨県の「大塚にんじん」である。

[続きを読む]

うなじ・わき・足の裏がくすぐったい理由

くすぐったい場所は人によって多少異なるが、多くの人がうなじ、わき、わき腹、手のひら、内もも、足の裏の6ヵ所をくすぐったいと感じる。

[続きを読む]

江戸時代に火事が多く発生した理由

江戸時代の日本では火事が頻繁に発生しており、「火事と喧嘩は江戸の花」という言葉が残っているほどである。

[続きを読む]

自衛隊には引き算の訓練をする人がいる

自衛隊には戦闘を行う部隊だけでなく、「給養員」という料理を作ることを専門とした隊員など様々な職種の人たちがいる。

[続きを読む]

「最後の晩餐」のパンでキリスト教は分裂した

パンの始まりは今から約3万年前とされ、人類最古の加工食品と言われている。そんなパンを巡ってかつて歴史的な大ゲンカが起きたことがある。

[続きを読む]

寿司屋の名前に3文字が多い理由

寿司屋の名前には「寿司大」や「杉むら」「すし大」「玉寿司」「新太郎」「玄海鮨」「おじま」「かつら」「すし庄」のように3文字の店名が最も多い。

[続きを読む]

ホッチキス針の箱の裏に書いてある文言

ホッチキス針の箱の裏にはある一文が記載されている。それは知っていれば無駄が省ける嬉しい事実である。

[続きを読む]

「刺身」の語源・由来

「刺身(さしみ)」とは、魚介類などの素材を生のまま薄く切り、醤油やワサビなどの調味料を付けて食べる日本料理である。「造り」や「お造り」などとも言う。

[続きを読む]

刺身の「一点盛り」と「盛り合わせ」の違い

スーパーで販売されている刺身には一品だけがパックされている「一点盛り」と数種類の刺身が入った「盛り合わせ」がある。

[続きを読む]

神社の男と女を判別できる方法

すでに「坂道には男坂と女坂がある」ことは紹介したが、神社にも祀られている神様の性別によって「男」と「女」がある。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加