「千代田区の地名の由来」記事一覧

「有楽町」「数寄屋橋」の地名の由来

東京都千代田区にある「有楽町ゆうらくちょう」は皇居の南東側に位置し、東側は「銀座」である。大手町・丸の内と合わせて「大丸有だいまるゆうエリア」とも呼ばれる。「東京国際フォーラム」や、複合商業施設「有楽町センタービル」(通称:有楽町マリオン)、「有楽町イトシア」などがある。

[続きを読む]

「神田」の地名の由来

東京都千代田区にある「神田かんだ」は現在町名としては存在せず、地区の地名として使用されている。「神田地区」の範囲にはJR山手線の神田駅、秋葉原駅、JR中央・総武線の御茶ノ水駅、水道橋駅が含まれる。この地区には「神田」の名が付く町名が現在も数多く存在する。

[続きを読む]

「飯田橋」の地名の由来

東京都千代田区にある「飯田橋」は地名や駅名としてよく知られており、現在ではオフィス・飲食店のビルが多く建ち並ぶ町。

[続きを読む]

「九段」の地名の由来

東京都千代田区にある「九段」はかつて存在した町名で、「九段下駅」の駅名でも知られている。「靖国神社」や「日本武道館」(所在地は千代田区「北の丸公園」)がある。

[続きを読む]

「永田町」の地名の由来

東京都千代田区にある「永田町ながたちょう」は千代田区の南端に位置し、国会議事堂を中心に内閣総理大臣官邸(首相官邸)など政府機関が建ち並び、隣接する「霞が関」とともに日本の国家機能の中枢である。

[続きを読む]

「麹町」の地名の由来

東京都千代田区にある「麹町」は旧麹町地区にあたる麹町地域の西側に位置し、渋谷区(四谷)との区境にあたる。大使館やオフィスビルが町域の多くを占める。

[続きを読む]

「猿楽町」の地名の由来

東京都千代田区にある「猿楽町さるがくちょう」は千代田区の北部に位置し、駿河台するがだいの崖下に位置する。商業地域でビルや商店のほか、大学や高等学校、専門学校などの教育施設も多く見られる。渋谷区にも同名の「猿楽町」が存在する。

[続きを読む]

「紀尾井町」の地名の由来

東京都千代田区にある「紀尾井町きおいちょう」は千代田区の西部に位置し、港区(赤坂・元赤坂)と新宿区(四谷)の区境にあたる。上智大学 四谷キャンパスがあるほか、主に商業地域になっており、オフィスと住宅の複合型ビル・紀尾井町ビルやホテル・ニューオータニがある。

[続きを読む]

「佐久間町」の地名の由来

東京都千代田区にある「佐久間町さくまちょう」は町名としては正式に「神田佐久間町」といい、千代田区の北東部に位置し、神田地域に属する。近くに秋葉原駅がある。

[続きを読む]

「外神田」の地名の由来

東京都千代田区にある「外神田そとかんだ」は神田川の北側に張り出した位置にあり、一般的に台東区の秋葉原と呼ばれている地区にあたる。千代田区神田地域の最北端に位置し、文京区(湯島)と台東区(秋葉原・上野)との区境にあたる。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加